読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバル経営コンサル@株

グローバルファームの経営コンサル。事業分析スキルを活用し奮闘中。

保有株パフォーマンスとトピックに関する雑感(2017年2月10日)

f:id:shinra1021:20170210171517p:plain

 

保有株決算所管】

ブイキューブ:為替差益と多言語通訳サービスからの撤退により、全体としてはややプラスのIRか。平成29年12月以降の早期収益化を図るとのことで、厳しい時期は暫く続きそうな見込み。Inしたタイミングもかなり雑だったので、本投資はかなり痛い目を見ているもののうちの一つです。

 

クックパッド:評価すべき決算で今後の将来性の見通しについても強気継続。海外の利用者数推移が順調である点と、国内売上が引き続き盤石および上振れしている点は大きく評価。一方で、国内はアプリ利用者数がまったく増えておらず、改善の余地有と認識。

寄りで下がるかなあと思い指値で待っておりましたが、日経高値の影響か寄り底。市場の評価としても“据え置き”に近い印象を受けましたので、暫くはボックス相場変わらずのようです。

 

APC:第2四半期までの遅れを挽回し、大きく業績は回復。前年度の最終Qは若干の利益落ち込みがありまだ油断はできないが、少なくとも通期見通しは達成し、業績の上方修正も期待。店舗増加によるスケールメリットが効いてきており生産流通事業がじわじわと業績を伸ばしている。塚田農場をはじめとした居酒屋は大量出店の反動でまだ低調だが、回復の兆しがあり、構造改革は一定の効果を出していると判断できる。引き続きホールド。

 

バーチャレクス:下方修正を引き継いで、特段サプライズの無い低調な発表。内訳をみると、アウトソーシング領域は伸びているようなので、ストック案件は増えているとも見える。

 

【雑感】

日経平均の大幅回復にまったく乗れていないウチのポートフォリオですが、焦らずのんびりと待ちますかね。